Monthly Archives: 5月 2015

会社員として生きるからには副業だけはやってはならない!

私は会社員をしています。30歳の男、独身です。最近付き合っている彼女が、お金に困っていると言って私にお金を要求してきます。おそらくコレを聞いて、ひどい悪女に引っかかっていると思われる方もいるかもしれませんが、彼女とは付き合いが長く4年間付き合っています。そしてこれまでそんなことをいうようなタイプの女の子でもなかったので、どうやら本当にお金に困っているようです。なんとかして希望額を揃えて助けてあげたいのですが、私も薄給の身で、自由に使えるお金というものが殆どないのも事実です。貯金と呼べるような貯金額もなく、助けてあげたくてもどうしようもありません。
そんな時、同僚から1つの副業を薦められました。会社員として働いてきたスキルを活かしてできる副業らしく、そこそこに収入も良いそうです。私はその会社員の副業に確かに魅力を感じましたが、今一歩のところで手を出さず、踏みとどまることが出来ました。
私は会社員として今の会社に勤めるときに、1つ誓ったことがあるのです。それは「会社員として働いていく、生きていくからには副業というものに絶対に手を出してはいけない!」です。これは半ば信念のようなもので、この信念の元に私は今まで会社員として生きてきました。例え惚れた女がお金に困っていようと、この信念を崩すことはできないのです。崩してしまったらそれはもう私ではなく、会社員としての私は死ぬこととなります。
しかし紹介してもらった会社員の副業に魅力を感じたのもまた事実です。もしその会社員の副業を始めれば、付き合っている彼女を助けることができるかもしれない、人助けのためならば自分の信念を崩すことも必要か…?などとも考えました。
ですがやはり、それは自分に対する都合のいい言い訳でしかないのです。自分の彼女をダシにして、会社員の副業に手を出すなど、あってはならないことなのです。
惚れた女性を助けるための方法は何も1つではありません。私は他の方法を取ることで助けてあげたいと思います。

お小遣い稼ぎにネットビジネスを始めたのですが…

最近親からもらえるお小遣いだけじゃ足りないのでアルバイトを始めました。最初はうまくやっていたのですが、人間関係で嫌になり2ヶ月でやめることとなってしまいました。時給も安いし、次またアルバイトをすることになったとしても長く続く気がしません。アルバイトとは違う形でどうにかしてお小遣いを稼げないものか考えたところ、ネットビジネスというものを見つけました。どうやらそれにはいろいろな形があるらしく、自分に合ったものを選択できないと全然稼げないようです。自分に合ったものを選択することができれば普通に働いている人と同じくらいの額を稼げるみたいなのですが…。私には特にこれといった才能も無いので、手始めにブログを経営することにしました。これなら誰でもやれると思い始めたのですが、意外と人に見てもらうブログ作りが難しく、なかなか閲覧数が伸びませんでした。閲覧数がでないと収入も出ないので、これは自分に合っていなかったと思うことにして、次のネットビジネスを探しました。次に手をつけたのは転売です。インターネットで安くチケットやゲームを仕入れてそれをまたインターネットを利用して高く売るのですが、これもまたうまくいきませんでした。予定していたほど売れなかったり、また予定したいた額より安く買われたりと、利益を出すどころか損を出してしまい、簡単にはいかないなと感じました。インターネット上には簡単に稼げるなどと銘打ってたくさんのネットビジネスが紹介されていますが、やはり成功する人間には何かしらの才能があるんだと思います。簡単に稼げるというのは嘘っぱちだとも思いました。最近は素直にまたアルバイトを探しているのですが、このまま終わるのはどこか悔しいので、またしばらくしたら挑戦したいと思っています。次挑戦するのだとしたら動画配信者でしょうか?動画に広告を載せてyoutubeに投稿するのです。閲覧数の10分の1が利益として入るらしいので、コンスタントに動画投稿したとして、10万くらい見てもらえれば十分な利益になります。また次の機会を狙います。

ネット副業がマイナンバーでバレる?

マイナンバー制度が導入されるんでしたよね。いつなのかわからないのですが、もうすぐではなかってでしょうか。そのマイナンバー制度が導入されると、ネット副業をやっていることが会社にバレてしまうことがあったりするのかもしれません。サラリーマンは、扶養家族全員の分もふくめたマイナンバーを勤務先に提出しなくてはいけないそうです。ネット副業などで副収入があるようなケースには、確定申告をしなくてはいけないのはこれまでもそうですよね。住民税を支払うときに際し、給与には副収入を合わせて計算された金額が計算の元になるわけですから、会社にネット副業がバレることになるわけですよね。確定申告をおこなっていなければ、所得税の追徴課税がきてしまうということになってしまうわけです。
マイナンバーは、インターネットの副業のケースだけではなく、アルバイトなどをしているような場合にも提出しなければいけないということなので、税務署としては、すぐに見つけ出すことができるというわけなのです。さらに言うと、確定申告に関しては、平成28年度分から、つまり29年に申告する分から、確定申告で提出する申告書にマイナンバーを記入しなくてはいけなくなるということなのです。もう完全に私たちの収入というものを、国はがっちりと把握してしまうようになるわけなんですね。アルバイトをするわけにはいかないから、空いた時間に家のパソコンで副業でもしようかということもあろうかと思いますが、マイナンバーですぐに見つかってしまうようになるというのです。副業にまで影響してくるとは思っていませんでしたが、やっぱりマイナンバーは認めちゃいけなかったのかもしれませんね。これまで、ずっと抵抗していたはずなのに、いつの間に認めてしまったのでしょうかね。もちろん、今だって、インターネットやパソコンを使っての副業で性収入があれば、金額によって確定申告をしなくてはいけないわけではありますが、いったいどうなることでしょう。

在宅ワークをする方法と得られるメリット

在宅ワークは自宅にいながら空いた時間を使って仕事ができるため、今後の生活に必要なお金を少しでも稼ぐことができます。自分に適した仕事を探す時はインターネットを使って未経験でも気軽にできる内容を選ぶと効果的で、クラウドソーシングなどが人気です。
在宅ワークをする時は自分自身で仕事を探す方法が多く、最新情報を確認することを心がけると機会をつかみやすいです。多くの仕事を探す時は最新情報を常にチェックする必要があり、募集が少ない場合は枠が埋まりやすいために機会を逃さないようにすることが重要です。
最近ではサラリーマンなども老後の生活の資金を稼ぐために在宅ワークをする方法が多く、様々な方法を知ると空いた時間を有意義に活用できます。副業として稼ぐ時は予備知識がなくても気軽にできる仕事が多く、インターネットを使いこなせるようにすると多くの仕事の中から選べるため便利です。
自宅で仕事をするメリットは時間が決められていないため、空いた時間を使って仕事をしてお金を稼げることです。仕事を探す時はパソコンがあれば気軽にできるため、今後の生活をするために多くのお金が必要な場合にも柔軟に対処することができます。
仕事を選ぶポイントはインターネットを使って内容を比較し、パソコンがあれば気軽に作業ができる方法を探すと空いた時間を有意義に使えるため便利です。クラウドソーシングは予備知識がなくても気軽にできるため、主婦の家事の合間などにすると今後の生活費を稼げるため利用者が増えています。
在宅ワークをする方法はインターネットを使って内容を比較して探し、パソコンがあれば空いた時間に自宅で仕事に取り組めるため今後の生活費を稼げます。仕事をすることで得られるメリットはインターネットを使うため多くの情報や知識を知ることができ、今後の人生に活かすと効果が高いことです。インターネットは多くの情報を比較する方法としても有意義に活用でき、空いた時間を使って仕事を探すと今後の生活に必要なお金を稼げます。

質の高さを重視すべきアフィリエイト

アフィリエイトを実践する場合は、ブログやサイトをたくさん運営すれば良いというわけではありません。ポイントとしては、質の高いブログやサイトを運営することにあります。質の具体的な内容としては、まず見易いことがあります。例えばサイトを運営する場合、同じようなコンテンツが複数あると、読者は操作性が悪いと感じますし、文字や背景を明るい色ばかりを使用していると、見る方は目が疲れることになります。
そのようなブログは読者を見る気にさせないので、アクセス数が徐々に減ったり、そもそもアクセスが無かったりなど、アフィリエイトを行う場合に一番大切な読者を失うことになってしまいます。ですから、読者の見易さという点を一番に重視し、ブログやサイトを製作することが大切になるのです。
見易さの次は、内容の充実度にあります。アフィリエイトは、読者に欲しい、利用してみたいと思わせることが重要です。そのためには、内容を充実させることがクリックに繋がり、申し込みという形に繋がることになります。例えば、内容を充実させたいと思った時は、専門的なブログやサイトを運営してみる方法があります。
専門的というのは、1つのテーマに対する深い知識や経験、考えなどのことを言い、これを記事として掲載します。専門的ということで、子供から大人まで誰もが必ずしも求めている情報ではありませんが、一部の層にとっては非常に魅力的な情報を提供していることがあるのです。誰からも好かれるような内容にすることができれば、サイトのアクセスは増加し、広告をクリックしてくれる回数は増えるため、アフィリエイトの収益に期待できます。
しかし、誰からも好かれるような内容にするのは、簡単なことではありません。ですから、専門的な内容のブログやサイトにすることによって、一定層の読者に有益な情報を提供できれば、広告のクリック回数や申し込み件数の増加など、高い収益に繋げられる可能性が高くなります。