内職在宅ワークは単価が低いことを承知の上で!!

内職在宅ワークが一体どれくらいの金額になるのか、その仕事内容によっても差が出てきます。最近では、ネットで在宅ワークをした場合にどれくらいの金額を稼げるのか、調査をした結果が発表されました。その額があまりにも少なく、数千円から1~2万円程度というデータでした。

これは、あるクラウドでのネット作業を中心とする会社が、売上と作業者の実態を公表したものですが、ほとんどプロとして作業をしている人はいても、月額20万円以上を稼いでいる人はほぼ皆無に近い数値になったそうです。人数ということではなくパーセンテージでの計算になりますが、その数値がほぼゼロだったということでニュースになりました。
内職在宅ワークは、外出することなく自宅で作業ができることでとても楽という点がありますが、やはり今のネット社会になっても自宅で大きく稼ぐということはなかなか難しいということが浮き彫りになりました。

例えば、内職のようにまとまった作業量があり、納期までに納品することができればお金になるという仕事もあれば、同じ在宅ワークでもネットでの作業でその時になって初めて仕事があるかどうかわからないという状況のものもあります。

どちらが稼げるかというよりも、どちらがより安定して作業があるかということになってしまうほど、1作業の単価はとても低いものになってしまいます。

リーマンショックの時に、全国的に会社が倒産したり従業員が大量に解雇されるような事態になりましたが、その時にもインターネット上で検索されたキーワードが「内職在宅ワーク」でした。

転職活動や、次の仕事が決まるまでに食いつなぎとして在宅ワークに人気があつまりましたが、前述の1作業当たりの単価の低さや、結果的に仕事の奪い合いになってしまったり、または詐欺まがいのものまで出てきました。

バラエティー番組でも、いかにも内職がお金になるような紹介をしていたこともありましたが、これで生活を支えるというところまではいかないようです。

Comments are Disabled